小千谷縮の歴史

1200年の歴史を誇る小千谷織物産地。
平安時代から伊乎乃地方(現在の魚沼地方一帯)で自生した「青苧」といわれる植物から越後上布が生産されました。
奈良時代には正倉院に越布として保存され、10世紀初期の文献「廷喜式」には越後から麻布の皇室献上が
あったと記載されており当時の最高級織物として認知されていました。
江戸中期には年産22万反を超える生産量があり、1200年の時を経て
今日まで受継がれた織物技術は、今も尚その歴史を刻んでいます。

小千谷縮布絵巻

この絵巻は明治十八年、新潟県三条の人、帰山良徹が数ヶ月を費やして、
当時の風俗を繊細な筆致と色彩で、写実的に描いたもので、小千谷縮布の
製作工程や技術を知る上に貴重な資料です。

 

謙信、兼続と越後上布

「義」をもって戦国の世に挑んだ上杉謙信

「愛」をテーマに戦国時代を駆け抜けていった直江兼続

 

小千谷縮、越後上布に関わる歴史の中に忘れてはならない人物に「直江兼続」がいます。

上杉謙信公の時代より既に、越後上布生産に関わる大きな基盤が成され、上杉家の執政であり、

越後魚沼郡上田の荘(現在の南魚沼市・六日町)生まれの直江兼続によって、

産業としての発展を遂げ、領民の生活を支えてきました。

兼続が傾注し育てた青苧は、夏織物の原料として

放熱性、放湿性に優れ、そのひんやりとした触感は、

日本の高温多湿の夏には打ってつけの素材でした。

鎌倉時代に創刊された歴史書「吾妻鏡」に、源頼朝が建久3年、

朝廷に越後上布を千反献上とあり、地域の大きな産業であったことがわかります。

江戸時代中期には年間20万反を生産するまでに発展を遂げました。

 

イザリ機織り 小千谷布絵巻より

 

 
運営会社名 水田株式会社 MIZUTA CO.,LTD.
本社所在地 〒947-0003 新潟県小千谷市ひ生乙1261-5
TEL 0258-82-3213
FAX 0258-83-3981
e-mail info@ojiya-chijimi.jp
事業概要 伝統織物インテリア工芸品・企画製造販売
空間演出・ディスプレ-・コーディネイト業務・クラフトデザイン事業
通商産業省
JAPANブランド・地域資源活用事業
2013年7月8日認定企業
水田株式会社