投稿者「M.M」のアーカイブ

秋君臨

風に秋の匂いが混じるようになって参りました。
音には静寂や情緒が入り込むようになり、空気は切れ味と密度を増し、時間は加速し始め・・
季節が移動してゆくのがはっきりと感じ取れる時期になりました。

まだ8月なので今現在を秋と呼ぶ人は少ないでしょうが、(好ましいことに)季節というのは明確な期間が定義されているわけではなく、単なる社会通念上のスパンでしかありません。おそらく順番さえ守ればいつ始まっても終わってもよいはずで、好きな季節があるのであれば長めに設定しておいたりしても問題はないのでしょう。世間やメディアに季節の定義を任せておくと、始まるのが異様に遅かったり勝手に消失したり前の季節に逆戻りさせられたりもしますので、季節はパーソナルな持ち物として保管しておく方が健全と言えそうです。もともと継ぎ目のない連続可変的なものを4つに区切ること自体に無理があるのかもしれませんが、それでも季節を表す言葉というのはとても便利で日本的で、また美しくもあるので使わずにはおられないものなのでしょう。

さて、このまま地球の公転を放っておけば秋に変わるのはまず必定なのでしょうが、もう少し夏を引き伸ばしておきたい方もおられるでしょうし、前のめりで既に秋を君臨させてしまったという方もおられることと思います。幸い当サイトにはまだ夏物の商品が沢山置いてありますし、のれんやタペストリーなどのカテゴリには秋物や通年向けの商品も多くございます。サイトでの本格的な新作の秋物投入はもう少し先を予定しておりますが、それまでは既存のラインナップをそれぞれの方法でお楽しみくださいませ。

いくつか秋向けの商品をご紹介いたします。 (※ クリックで商品ページに移動)

のれん
左と中央ののれんは厚めの段織の生地の上に、日本の伝統色である芥子やすずめ茶を手引き染めで染め上げた、深い色とシンプルなデザインが印象的ないかにも秋然とした雰囲気の麻のれんです。右のものは秋冬向けである絹綿混織の素材を使用した、落ち着きと華やかさを併せ持った高級感溢れるのれんになります。
タペストリー
こちらは麻100%の厚めの横縞の生地を使用して、季節の花をあしらったタペストリーになります。中央の秋の草花が季節感を演出し、サイドのラインがシャープですっきりとした印象を与えてくれる小さめのタペストリーです。知性的な落ち着きと温かみのあるデザインが、お部屋を秋らしくお洒落に演出いたします。

その他の秋物商品に関しては下記のカテゴリーなどをご参照ください。

取扱店のページ設置のお知らせ

コンテンツ追加に関するお知らせになります。

当サイトの「インフォメーション」のカテゴリに取扱店のページを新設いたしました。
これまでこのブログでも各店舗のイベント情報の案内などは掲載しておりましたが、常設の売り場の情報はやや不足気味でした。今回、取扱店のページを追加したことで、商品の現物を確認してから購入されたい方や、小物類等を送料を気にせず手軽に買いたいという方も、是非お近くの売場をチェックして足を運んで頂ければと思います。

オンラインでのお買い物は便利なものですが、実際の手触りや質感、微妙な色合い等を完璧にお伝えすることはなかなか難しく、そうした情報サービスの限界による不足分を実際の売り場にて埋めて頂き、ネットショップも実店舗もどちらも活用して頂ければ幸いです。当社スタッフも在中しておりますので、お近くにお住いの方は是非お立ち寄りください。

紹介しております店舗は下記の通りです。皆様のお越しを是非お待ちしております。

・本社・「布ギャラリー」
・三越・新潟店 6Fリビング売場・「布ギャラリー」
・高島屋・東京日本橋店 7F 食器売場・「布ギャラリー」 
・うすい百貨店・郡山本店 7F リビング売場・「布ギャラリー」
・CoCoLo・長岡駅ビル 2F・「布ギャラリー」
・十日町地場産業センター クロス10・「和の小函」

取扱店のページへ

シルクタペストリー 小田代の四季


栃木県日光市、日光国立公園内に位置する湿地「小田代ヶ原」。その湿原の中に佇む幻想的な一本のシラカンバの木。この木を指して人は「貴婦人」と呼んでいます。

貴婦人・・・ その言葉の定義はよくわかりませんが、安易なステレオタイプのイメージで述べるならば、シルクのロングドレスに目深に被った羽根付き帽子を身に纏い、その下に隠したるは知性と寛容さ溢れる眼差しと完璧な微笑。花瓶の置かれた丸型テーブルに据えた一脚の椅子にちょこんと腰掛け、風にはためくスカートの裾。必須アイテムは傘、本、そして紅茶・・・

そんな勝手な西洋のイメージは置いておくとして、実際には凛とした佇まいや女性らしい繊細さを指して貴婦人と呼ばれているのだとは思います。人に例えられるということはそれだけこの風景が人間的なエモーションを発しているという証なのでしょうか。確かにじっと眺めていると語り掛けられているような気のする不思議な風景ではあります。風景は語るのだとしたらそれを眺めるという行為は単方向的な理解や解釈でなく、人と自然との双方向的なコミュニケーションといえるのかもしれません。そういう意味ではこの小田代の風景はとても饒舌で雄弁な語り部なのだろうと思います。(超自然的な話ではなく)


本題に入ります。
今回ご紹介する「シルクタペストリー 小田代の四季」はシルク生地の上に前述した小田代の風景を染めで現したタペストリーになります。経糸にベースとなる風景を染め上げ、緯糸には手織りにて太さ、風合いの異なる糸を図柄に合わせて、色と質感とを微妙に調整しながら幾重にも織り込み、透明感と奥行きを表現した職人の魂と気迫を感じるような逸品です。


更に下半分の水面の部分には経糸のみを残す技法にて、風に揺れるさざ波をも再現。織の技法が単なるデザインではなく、きちんと意味や機能のあるものとして生かされているところがポイントになります。そしてシルクは動物繊維、まさに生きた布としてお使い頂けるかと思います。絹の繊細な特徴を極限まで利用し、小田代の風景とマッチさせることで当社のタペストリーの中でも飛び抜けて上品さと高級感溢れるタペストリーに仕上がっております。


タペストリーは絵画のように飾るものとよく言われ、その認識はある程度正しいのですが、やはり布ですからそれ以上の機能や楽しみ方もあるかと思います。立体物として空間を感じられる点だけでも大きく異なりますし、さらに風など吹いてはためけば時間も感じることができるでしょう。もちろん手に触れれば感触もありますので、絵画と比べても楽しみ方の側面が沢山あることは事実だと思います。空間、時間、手触り、その3つが繋がれば一つの素敵な物語が生まれる・・かもしれません。一人で楽しまれても良いのですが、客人の接待の場などに飾れば大いにそのおもてなしの力を(貴婦人並に)発揮してくれるのではないでしょうか。

サイズは75x80cmと使いやすいサイズで、日本の風景ではありますが地域概念を飛び越えたような趣のある製品ですので和洋関係なくお使い頂けるかと思います。色は2種類ご用意しており、通年お使い頂くなら利休を、これから秋に向けての設えを考えるなら茶をお選び頂けばよいかと思います。また同様の手法にて制作された別デザインの「上高地」もございますのでそちらも是非ご検討くださいませ。価格は税抜70,000円となっており、なかなかお手を出しづらい価格帯の製品だとは思いますが、8月16日までは20%OFFのセールを実施しておりますのでこの機会に是非どうぞ。

※ クリックで商品ページに移動します
※ 8月16日までは夏季休業にて発送をお休みしております

その他のタペストリー類のアイテムについてはこちらのページをご覧ください

イベント情報 浜松百貨店 8月2日~8月8日

イベント情報のお知らせです。

浜松遠鉄百貨店「小千谷縮展」
会期: 8月2日(水)~8月8日(火)
10:00~20:00
会場:浜松遠鉄百貨店 本館7階クリエイティブ工房
浜松遠鉄百貨店にてイベントを開催しております。全国的な織物の産地として有名な遠州の地。小千谷縮ともゆかりが深く、高い評価も頂いており有り難い限りです。そんなお客様のご期待に添えるべく小千谷縮のファッションや麻素材のインテリア用品始め、多彩なラインナップの商品をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。当社スタッフもおりますのでお気軽にお声がけくださいませ。

イベント情報 新潟三越 8月1日~8月7日

イベント情報のお知らせです。

新潟三越「布ギャラリー サマーバーゲン」
会期: 8月2日(水)~8月7日(月)
10:00~19:00
会場:新潟三越 6F エスカレーター前
新潟三越には布ギャラリーの常設店舗もございますが、今年は恒例のサマーバーゲンを別会場にてイベント開催いたします。常設店舗はプロパー商品が中心ですが、イベント会場では40%OFFの商品を含めて、全200アイテム以上を展開致しております。ファッション・寝装品を中心に、通常は売場に並ばない商品も多数展示しておりますので是非足をお運びくださいませ。

イベント情報 銀座松屋 8月2日~8月8日

イベント情報のお知らせです。

銀座松屋「夏の暮らしの布 小千谷縮展 ~麻のある暮らし~」
会期: 8月2日(水)~8月8日(火)
10:00~20:00
会場:銀座松屋 7F 和の座ステージ
銀座松屋にて小千谷縮展を開催しております。伝統工芸やクラフトに精通するお客様も多い銀座松屋ですので、当社製品に関心を持つ方も多数居られることと思います。夏を彩る涼やかな小千谷縮や涼感溢れるのれん、タペストリー等のインテリア用品等を用いて、夏の後半戦に向けての準備を当社製品で行ってみてはいかがでしょうか。皆様のお越しを是非お待ちいたしております。

サマーセール 全商品20%割引 7月28日 ~ 8月16日

当サイトにおいての日頃のご愛顧に心よりお礼申し上げます。

この度、小千谷縮.jpでは期間限定にてサマーセールを実施する運びとなりました。
期間中は全ての商品を20%割引での特別価格でご提供させていただきます。

当サイトの商品の購入を価格面で悩まれていた方、炎暑きびしい夏を乗り切るために涼やかな布で心身を潤したい方、初めて当サイトを訪れて偶然セール情報に出くわした幸運な方、など様々かと思いますが全てのお客様に等しく20%割引でのご提供でございます。

今回のセールがお客様と布との新たな出会いとなり、当社の製品をお見知り頂く絶好の機会となれば幸いです。今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。


・表示は通常価格のままですが、カートに商品を入れると割引が反映されるシステムになっております。
・元々セール対象のものやオーダーのれん等、ごく一部の商品はセール対象外となりますので、ご了承ください。

下記リンクよりカテゴリを選んでお買い物をお楽しみくださいませ。

イベント情報 大和富山店 7月26日~8月1日

イベント情報のお知らせです。

大和富山「小千谷縮展」
会期: 7月26日(水)~8月1日(火)
10:00~19:00
会場:大和 富山店 5F
大和富山店では毎年恒例となる今回のイベント開催。富山は土地柄、文化に対する認識や工芸作品への関心もとても高く、いつも多くの方がイベントを心待ちにして下さり有り難い限りです。小千谷縮やのれんなどのインテリア用品はじめ、多彩なラインナップでお届け致しますので、是非今年もお立ち寄りくださいませ。

イベント情報 阪神梅田店 7月26日~8月1日

イベント情報のお知らせです。

阪神梅田店 「夏を涼やかに暮らす 小千谷縮展」
会期: 7月26日(水)~8月1日(火)
10:00~20:00
会場:阪神梅田 7F イベントスペース ステージ7-Ⅱ
昔から関西地方は夏を涼やかに暮らす知恵として、小千谷縮を利用しており認知度も特に高く、イベントを心待ちにしている方も大勢いらっしゃるかと思います。今回当社では、小千谷縮をはじめ夏を涼やかに過ごすためのアイテムを多数取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。是非お誘い合わせの上、足を運んで頂ければ幸いです。

イベント情報 新潟伊勢丹 7月19日~25日

イベント情報のお知らせです。

新潟伊勢丹 「新潟越品 小千谷縮」
会期: 7月19日(水)~25日(火)
平日・土曜 10:30~19:30 / 日曜 10:00~19:00
会場:新潟伊勢丹 2階 越品コーナー
新潟ブランド「越品」の特集で、当社は小千谷縮を中心とした商品を展開しております。新作を中心として涼やかな縮のファッションやインテリア用品、小物まで多彩なラインナップでお届けしております。弊社スタッフもおりますのでお気軽にお声がけくださいませ。

イベント情報 福岡岩田屋 7月19日~25日

イベント情報のお知らせです。

福岡岩田屋 「夏の涼 小千谷縮と木の鞄」
会期: 7月19日(水)~25日(火)
10:00~20:00 ※最終日は午後5時閉場
会場:福岡岩田屋 本店 新館6階 ステージ6
今回は6階ステージで、岩田屋では第5回目のイベントになります。
涼やかでエレガントな夏の暮らしをテーマに、全350アイテムで小千谷縮を中心とした展開を行っております。毎年人気イベントとして定着してきており、当社スタッフも店頭におりますので是非ともお越し頂ければ幸いです。

常時SSLとスマートフォン対応のお知らせ

小千谷縮.jpをご利用頂き、ありがとうございます。

このところサーバー移転やセキュリティ対応等の影響で、サイトへのアクセスが不安定な状態が続き、ご迷惑をお掛けしておりましたが、現在はようやく接続も安定してエラーなくサイトを閲覧できる状態になっております。以前に比べ、サイトへの接続速度も大幅に向上し、また全ページに渡って常時SSL(暗号化通信)のセキュリティに対応いたしました。アドレスはhttpsに置換えられ、アドレス欄には鍵マークが表示されております。

また、長らく未対応だったスマートフォンにも暫定的な形ではありますが、対応させて頂きました。PC版のサイトと同様にお買い物も可能で、ブログも全て閲覧することができますので、新商品やイベント情報のチェック等にお使いくださいませ。

今後もより一層のサービス向上を図って参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

サーバー移転のお知らせとその影響について

小千谷縮.jpをご利用頂いてる方へのご連絡になります。

この度、当サイトはホームページの接続速度向上とセキュリティ強化の為に、サイトを設置しておりますサーバーを移転いたしました。その影響で現在接続が安定せず、表示されない画像があったり接続が途切れるなどの弊害が生じております。2~3日で安定して通常の運用ができるようになるかと思いますが、その間にご不便をお掛けしますことをどうかご容赦くださいませ。何か不便が生じた際にはお電話等で迅速に対応させて頂きますのでその際は下記までご連絡ください。

水田株式会社 TEL: 0258-82-3213

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。

商品コーディネートシミュレーター

いつも小千谷縮.jpをご利用頂きありがとうございます。

この度当サイトでは「のれん」「タペストリー」の各商品ページにおいて、商品コーディネートシミュレーターなるページを実装しました。どのような機能かと申しますと、当サイトにある商品画像をドラッグしてシーンの画像背景と重ねることにより、実際に商品を掛けたようなイメージを確認できるシステムになります。背景となる画像はお客様ご自身でアップロードして試すことも可能ですので、是非お試しくださいませ。

シミュレーターのページは各商品ページの下部にリンクがございます。
まずはこちらにサンプルページをご用意いたしましたので機能などをご確認ください。

※ 対応ブラウザはIE9.0以上、Chrome、Firefoxになります。
※ 未対応の商品もございますのでご了承ください。

小千谷景観リポート ポケットパーク編

当社から国道351号線を車で西に5分ほど行ったところに、山本山高原という緑豊かな小さな山があります。そこからさらに少し登ったところ、山の中腹あたりにあるのが沢山ポケットパークという展望スポットで、この場所は眼下の信濃川や小千谷の町並み、また越後三山や新潟平野を見渡せる絶景ポイントとして知られ、地元県民や観光客に親しまれています。

絶景、とはどこか抽象的で実体のない個人的主観の塊のような言葉ではありますが、それでもここからの眺めが絶景であると、訪れる人々の多くは口にします。その理由はおそらく信濃川。ポケットパークからは先述したように多くの自然、事物が目を引きますが、その中でもとりわけ目を引くのが信濃川ではないでしょうか。風景全体から占める面積比の割合はそれほど多くないにも関わらず、信濃川の描く曲線はどうしようもなく目立ち、際立っています。かつて交通の要として不可欠な水路の役割を担ってきた歴史的背景がそう思わせるのか、それとも本当に幾何学としての曲線美を持っているのか、あるいは単にこの地を生活の場としている者の、川に生かされている者の愛着故か、は分かりません。分かりませんが、それでもやはりこの場所を絶景たらしめているのは、信濃川とそれが描く軌跡(誇張気味に書けば奇跡)なのだと思わずにはいられないのです。

山間に沿って唸るように、畝るようにカーブを描く様は川というよりも、むしろ生物。侵食や堆積により出来たものというよりは、むしろ選択や淘汰を繰り返して進化したもの、といった方が適切かもしれません。実際のところ川は生物を喰らい、育み、姿形を変えて成長もする生き物、と言えそうです。時間軸に沿ってただ流れているというよりは、自らの力で時を推し進めているような趣さえ感じられます。その律動的な動きは、まるでリズムそのもの。川は都市や自然にリズムを与えているということが、この位置からは良く分かるのです。風景を彩り、旋律や和音を形成するのは山々や町並みでありますが、風景に輪郭を与え、リズムをもたらしているのは、やはり川だと思うのです。

主観になりますが(ずっと主観ですが)、川を眺めるに最適なポイントというのは、おそらく近すぎても遠すぎても、低すぎても高すぎても良くなく、やはり少し離れた標高300m程度の山の中腹、つまりこの展望スポットあたりが適当なのだろうと思います。絶景と言われる所以、ではないでしょうか。

小千谷に、当社ギャラリーにおいでの際は、是非山本山ポケットパーク展望スポットにお立ち寄り下さい。展望スポットからの眺めに何も感ずるものがなくても、菜の花畑やひまわり畑、貯水池、おぢやーる等もあります。何もないのか、沢山あるのか、は訪れる人次第です。


山本山ポケットパーク展望スポット