小千谷縮の技法

越後上布に改良を加えたのが小千谷縮です。
江戸中期の寛永10年(1670年)、明石藩の浪士・堀 次郎将が小千谷に移住し、本来の製法に改良を加えました。
糸の段階で緯(よこ)糸に強い撚りをかけて布を織り、織り上がった布をお湯の中で丹念に強くも揉み込みます。
すると織物が縮もうとする性質を利用してシボ(細やかな皺)が形成され、独自の触感を持った小千谷縮が生まれるのです。

そしてこの貴重な技術は、世界に認められる独自の技術を有する証明となりました。

 

2009年 ユネスコ世界文化遺産登録
1955年 国重要無形文化財第一号指定

 

重要無形文化財の指定条件
昭和30年5月12日指定
1.すべて苧麻を手績みした糸を使用すること。
2.絣模様をつける場合は、手くびりによること。
3.いざり機で織ること。
4.しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること。
5.さらしは雪ざらしによること。

 

小千谷縮の全作業工程をご覧いただけます。

※画像クリックで拡大

 

 

雪晒し

江戸時代のベストセラー 鈴木牧之著・北越雪譜
雪中に糸となし 雪中に織り 雪水に濯ぎ 雪上に晒す
雪ありて縮あり 雪こそ縮の親と言うべし

―単なる雪国の風物詩ではなく、単なる見世物でもない、そこには立派な根拠が示されている―

◆雪晒しは何故行われてきたのか
古来より雪上に晒す事で、麻生地が漂白されるとの先人の知恵であり、
冬の厳しい時期に糸を紡ぎ、手織りで丹念に織り上げていくという
雪国の暮らしならではの作業が、今日まで伝えられてきた

◆どんな時期に、どんな場所で、どんな条件で行われてきたのか
冬の厳しい2~3月、晴れた日で雪上の表面が凍り
空気が澄みわたり、雪上に汚れがない事

◆科学的な根拠はあるのか
晴れた日には強い紫外線が発生する、雪に反射して増幅された紫外線により
雪の表面が溶け水蒸気となり、分解して空気中の酸素と結合、O3オゾンが発生する
オゾンは麻の繊維色素と結合を繰り返し、麻布が漂白される

◆どんな効果が認められたか
染め上げられた麻糸は更に鮮やかさを増し、色柄を引き立てさせる
繊維の奥深く効果は見られ、糸そのものの膨らみが出て
織物全体がふっくらと感じられ、雪国の風土を包み込んだ逸品が誕生する

麻布は水に強く丈夫で、吸水性吸湿性に富み発散性がある事
放熱性にも優れ、夏の衣料として機能性に富んだ逸品とされる

 

 

湯もみ

 

湯もみは「ちぢみ」の最終工程であり、独特の「シボ」を表現する重要な作業です。

現在でも職人の手シボで表現しています。

緯糸に強い撚りをかけた織物を、湯もみ時の手の加減により細やかなシボができます。

 

●湯もみ作業工程

 

 
運営会社名 水田株式会社 MIZUTA CO.,LTD.
本社所在地 〒947-0003 新潟県小千谷市ひ生乙1261-5
TEL 0258-82-3213
FAX 0258-83-3981
e-mail info@ojiya-chijimi.jp
事業概要 伝統織物インテリア工芸品・企画製造販売
空間演出・ディスプレ-・コーディネイト業務・クラフトデザイン事業
通商産業省
JAPANブランド・地域資源活用事業
2013年7月8日認定企業
水田株式会社