布ものがたり / オンライン通販

手描きARTシリーズ -染-

投稿日: 2016/3/8  /  カテゴリ: ブログ  /  投稿者:

新商品 「手描きARTシリーズ」

一点一点丁寧に手描きで染めております。

今回は染めの様子をご紹介です☆

0308手描きアート染2

0308手描きアート染3

0308手描きアート染1

 

鮮やかなお色が空間を明るく彩ります。

 

詳しくは下記商品名をクリックしてください。

(別ウィンドウで商品ページを開きます。)

 

手描きART 蘭

 

手描きART 蓮

 

手描きART ポピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手描き染め -夏椿-

投稿日: 2016/2/11  /  カテゴリ: 布ものがたり  /  投稿者:

染め場にたくさんの麻生地がかけられています。

なんの柄でしょうか…?

夏椿のり

 

職人がひとつひとつ丁寧に手描きにて染色中です。

 

夏椿染め横

 

手描き染めとは、筆や刷毛を用いて模様を描く手法のことをいいます。

手仕事ならではの仕上がりがなんとも美しいのです*:.。☆..。.(´∀`人)

 

夏椿染め縦

 

生地を拡大!

 

夏椿染め生地縦

 

柄の正体は椿でした♪

このあと、染料を完全に定着させるために、蒸しの工程があります。

蒸した後の色合いが本来の色合いになります。

夏らしく藍色が涼やかです!

WU-020-004

 

出来上がった生地は麻うちわになって皆様のもとに届きます。

時期はもう少し先ですが、日本の風情と共にお楽しみください♪♪

 

 

 

 

 

 

 

冬を越すトンボ…!?

投稿日: 2015/12/15  /  カテゴリ: 布ものがたり  /  投稿者:

夕暮れ時、染場を訪れると・・・

 

茶座布団トンボ1

 

たくさんのトンボが飛び回っているではありませんか!

 

茶座布団トンボ3

こちらは人気のトンボ柄の茶座布団用に麻生地を染め上げている様子です。
アイテムの中でも人気色である松煙を使用しています☆
草木染ならではの味わい深い色がなんとも素敵です!!

両面柄付きが自慢の茶座布団ですので

茶座布団トンボ2

トンボとトンボがこんにちは( ´∀`)人(´∀` )

 

 

 

 

工房通信~綜絖子の糸通し②~

投稿日: 2015/3/7  /  カテゴリ: 布ものがたり  /  投稿者:

皆さんこんにちは!
織工房通信です。
前回は綜絖子の説明をさせていただきました(わかりにくかったかもしれないですが )。
そして今回はようやく糸を通します。
綜絖子の糸通しとは綜絖目とされる綜絖子の穴に糸を一本ずつ手で通していく地味で地道な作業のことを言います。

まずあらかじめ色柄を染めておいたたて糸の巻いてある玉を専用の器具に乗せます。この器具は先日作ったばかりの出来立てほかほかです!(※湯気は出ません)
tateiko

写真のようにまとめてある糸全体を通し込み、そこから糸1本ずつ順番に間違えないように綜絖子の綜絖目という穴へ通していきます。

糸通し

この織物のたて糸の本数は1,800本ですので、1,800回糸通しを行います!一本でも間違えないように丁寧にやっていきます。

糸通った!

よこ糸を織り込むには最低限綜絖枠が2枚必要です。
今回の織物も2枚で行いますので、1枚目、2枚目と順番に糸を通していきます。
これがものによっては綜絖枠の枚数が増え複雑になるのでもっと大変な作業になります。

そしてこの作業が終わりますと、次は筬(おさ)通しの作業になります。
皆様が布ギャラリー本店に立ち寄られた時、今この瞬間も売り場横の工場の奥でひっそり黙々と静かに糸通しをしているかも?しれません。

次回もお楽しみに☆

工房通信~織 綜絖子の糸通し①~

投稿日: 2015/2/28  /  カテゴリ: 布ものがたり  /  投稿者:

皆さん こんにちは!
工房通信です。
これから織物のの製造工程を随時お伝えしていきたいと思います。
今回は”綜絖子(そうこうし)の糸通し”です。

糸通したち

え?

 

 

まず綜絖子とは?
おそらくほとんどの人が聞き覚えのない言葉でしょう。
ですが今は世の中便利なものでインターネットなんかで検索すればあっという間に答えが出ます。
「”ヘルド”ともいう。織機の一部分。
緯(よこ)糸を通す杼(ひ)道を作る為に経(たて)糸を運動させる用具で、主要部分は絹糸、カタン糸、綿糸や針金で作られる。
綜絖は経糸を通す綜絖目と、その上下に連なっている糸からなり、堅針、開口、タペットの運動を縦糸に伝える。」
・・・・今ひとつわかりづらいですが。
要するに織機で布を織るために最低限必要なものであるということです。

さていよいよ糸を通します!と思いましたが長くなってしまったので糸通しはまた次回!お楽しみに✩